スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Caplio R2 vs IXY DIGITAL 55 その2

 蛍光灯下の屋内で撮った写真を比較します。

caplior2_flower_autos.jpg
Caplio R2で、全ての設定を自動で撮った写真。

caplior2_flower_WB_keikoutous.jpg
R2で、ホワイトバランスを「蛍光灯」にして撮った写真。

ixy55_flower_autos.jpg
IXY DIGITAL 55で撮った写真。角度が変わってしまいました。
すいませんが、参考というとでご容赦ください。

 R2の自動設定では、全体が青っぽくなっています。いわゆる、青かぶりというやつですね。ホワイトバランスを「蛍光灯」に設定すれば、色調はきれいになります。
 55は、自動でもきれいに撮れますね。これはIXY DIGITAL 200でも、同様だと思います。
 またR2の写真は、暗部にノイズが残って、ざらついています。感度はISO感度238となっていました。手動で、ISO感度を64など低めに設定すれば、きれいに撮れるはずです。ただし、シャッタースピードが遅くなるので、手ぶれしやすくなります。

 前回からの、屋外と屋内の撮り比べで、色調、細部の描写など、画質についてはIXYに敵わないことが明らかになりました。特に設定自動のままでは、かなり特異な画像が記録されることがあります。場面によって、自分で最適の設定を見つけ出す必要があります。写真の勉強用としては良いと思いますが、子供や景色を気軽に撮りたいという場合には、お勧めできません。
 この点に関しては、Caplio全般に言えることのようで、R1Vなどの旧機種でも、ネット上で情報が出回っています。

 ただし、他機種にないR2の長所は、1cmマクロと広角撮影にあります。これを生かした写真を撮りたいのですが、なかなか良い構図を見つけられません。
 これは、と思う写真を撮れたら、公開したいと思います。

 なお、Caplio R2以外のCplioで撮られたものですが、Caplio Life 観るのページに、マクロや広角を生かした写真も紹介されています。
 また、RICOHのホームページには、撮影技術など、カメラに関する情報が分かりやすく紹介されています。初心者にとっては、デジタルカメラのページだけでなく、35mmカメラのページも見る価値ありです。
 いろいろ覗いてみては、いかがでしょうか。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。