スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外見で選ぶ時代

 ドコモの携帯電話で、最初に型番以外の名称が付いたのは、ソニー・エリクソン製のpreminiでしょうか?
 今カタログを見るとFOMAにはコンセプトモデルと称して、prosolid IIDOLCEなど、名前が付いた機種が増えていますね。ここで挙げた2機種の見た目、結構魅力的です。でも、prosolid IIはカメラがないとか、DOLCEは赤外線通信機能がないとか、他の機種と比べて、いくつか機能がなくなっています。カメラも赤外線も、私はほとんど使わないんですが、でもあった方がいいような気もしますねぇ。
 現在この手のコンセプトモデルと呼ばれる、外見が特徴的な機種は、auが強いみたいですね。ナンバーポータビリティが始まったら、乗り換えも考えて見ましょうか?
スポンサーサイト

ホワイトアウト

 先週は、とあるスーパーの駐車場で、今日は通勤の途中で、ホワイトアウトになりました。
 ホワイトアウトとは、猛吹雪で視界0のこと。実際には、5m前方の車のテールランプは見えましたけどね。怖いっス。

大雪

 えー、また更新の間隔が空いてしまいました。ネタはあるんですが、ちょっといろいろと疲れています。疲れの原因の一つは、大雪。全国的に、寒気に覆われて、いろんなところで雪が降っているようですが、秋田はすごいです。去年の1月、2月なみの大雪が降ってしまいました。
 車の運転が大変です。皆さん運転がゆっくりになるので、いつもは15分で会社に着く道のりが、1時間半かかったり、3時間かかったり(3時間のときは事故があったみたい)。今日は帰り道で、側溝にはまった車が置き去りにされていました。あと謎なのが、道路の真ん中にトラック止めてチェーンを巻いている方が二人ほど。片側1車線の道なので、当然渋滞です。私は反対車線なのでほとんど影響ありませんでしたが、うーん、なんだったんだろう?
 とまぁ、そんなこんなで、冬真っ盛りです。

逆境ナイン

 今回が、罠にはまって買ってしまったマンガシリーズ最終回。最後を飾るのは、逆境ナインです。
 最近、映画にもなりましたね。作者が島本和彦先生と言えば、分かる人は分かってしまう、熱いマンガです。前回のおおきく振りかぶってとは、対極にあると言っていいかも。
 弱小野球部が、様々な逆境に対して、どかんとぶつかって切り抜けていく物語。技術もくそも無く、とにかく根性、とはちょっと違う、なんかこう「男」というか「熱」というか、うーん...あえて言えば、「島本魂」みたいな?
 こんな言い方は「細かいことは、放っておけ!」と言われそうな感じのマンガです。で、先にも書きましたが、根性ではないんですね。「物事は、最初と最後が一番難しい」とか、なんか説得力ありそうな台詞が、勢いのある画と一緒になって、読者の心に焼きついたりします。
 という、かなり特徴のあるマンガなので、受け付けられない人も結構いるようです。でも、私は好きです。

おおきく振りかぶって

 今回紹介するのは、おおきく振りかぶって
 野球マンガです。中学時代、だめピッチャーだった主人公が、高校で才能を見出されて活躍するという物語。物語以外の部分で、練習方法に肉体面、精神面で科学的な内容が盛り込まれており、これまでのスポーツマンガとは異なる雰囲気を持っています。
 科学的な検証がなされている練習方法といえば、Dreamsもたくさん出てきますが、こちらは一般的には真似できない次元まで行っちゃってますね。おおきく振りかぶっては、隣の高校でもありえそうなお話になっています。
 このマンガは、うちの奥さんも最初からはまってました。売れてるみたいですし、万人にお勧めできると思います。野球マンガとしての決まりごとなのか、1試合が1巻に収まらないので、まとめて読みたいですね。

よつばと!

 最近本屋に行くと、マンガの単行本の中に、見本として立ち読みできるものがあります。大抵は1巻だけが読めて、「面白かったら続巻とまとめて買ってね!」ってことなんでしょう。でもって、そんな罠に分かっていながら、はまったりしています。
 本日の紹介は、罠の一つ目。「よつばと!」です。
 3,4才? 6才の女の子、よつばが巻き起こす、でもどこにでもあるような、ほのぼのとしたお話です。たまに、いたずら好きというか、大人に迷惑かけまくりの子供が出てくるお話がありますが、私はその手の話が大嫌いです。ふたばは、そんなことはなくて、まったく無邪気で元気な女の子です。
 私の中の系統としては、ヨコハマ買出し紀行に属します。でもって、奥さんには不評でした。まぁ、でもいいんです。何も考えずに読めば良いんですよ。

訂正
 よつばは6才でした。作中夏休みですが(1巻から4巻まで進んでも!)、新学期が始まったら、よつばも小学校に行くんだよなぁ。
 あと、奥さんも笑って読んでました。なぜヨコハマ買出し紀行はいかんのだ?

ネットの祭り

ブログで自滅する人々
 「2ちゃんねる」の「祭り」の話。後半は、ネット上の発現に関する問題点の考察で、難しくなってしまいます。「2ちゃんねる」全体が悪いわけではないとか、ネットと実生活を分けて考えない方がいいとかなんとか。
 とりあえず、第一回と第二回を読んで、「2ちゃんねる」ってすごいなぁ、と思ったわけです。自分も、気をつけよう。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。