スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 先日、社外の人との打ち合わせ中、Palmを使っている人を発見しました!
 シルバーのスマートな形状から、私が過去に使っていたWorkPad c3(40J)のオリジナル機、Palm Vxかと思いましたが、今現役の機種と言えば、Palm m505あたりが妥当でしょうね。残念ながら、PDAについて話をする時間を作れなかったのですが、次回会うことがあったら、是非ともいろいろと聞きたいものです。
 ちなみに、最新機種として、Palm T|Xなるものが発売されているようですね。日本語版は...でないんだろうなぁ。
スポンサーサイト

エマ 7巻

 だいぶ前になってしまいましたが、エマ7巻を買いました。
 自分で買っといてなんですが、人気あったんですね。近所の本屋は、ヨコハマ買い出し紀行14巻ともやしもん3巻が無いところがほとんどでしたが、エマ7巻は、どこにでもありました。失礼ながら掲載していた雑誌は、かなりマイナーだと思っていたんですが勘違いでしょうかねぇ。それともエマは人気があったってことでしょうか。
 それはともかく、こちらも最終巻でした。6巻で巻き起こった事件は、もちろんこの巻で解決。物語は終わりへ向かって一直線!なんですが、本当に、まっすぐな展開。で、最後は一応ハッピーエンドですが、いまいちすっきりしません。掲載していた雑誌で、番外編が始まるということですが、どこかで本編をもうちょっとすっきりさせて欲しいと思ったりします。期待してもいいかなぁ...

ヨコハマ買い出し紀行 14巻

 今回紹介するのは、ヨコハマ買い出し紀行14巻。完結巻です。
 すでに本ブログで2005年7月15日に紹介していますが、完結巻ということで再度ご紹介。この巻のお話、月刊誌アフタヌーン連載中に読んでいたら、ちょっと戸惑っただろうなぁ、というような展開を見せています。ふわふわとした感じは残っていますが、物語は確実に終わりの方向へと向かっていきます。最後はまぁ、らしい終わり方だと私は思いました。この世界の秘密がほとんど明かされないままというのが、かなりもやもやしてますけど。
 さて、このヨコハマ買い出し紀行14巻、前回紹介のもやしもん3巻と同様、近所のほとんどの本屋に置いていませんでした。正確には、2店舗ではどちらもあって5店舗にはどちらもなし(注)。これが、漫画空白地帯(ちょっと表現を変えてみた)かと思った根拠なのでした。とりあえず、マイナーな漫画もきちんと揃えてくれる本屋を2店舗見つけたので安心してはいます。

(注)前回と店舗数が異なりますが、こちらの数が正確です。思い返してみたら、結構走り回ってました...

もやしもん 3巻

 ちょっと前のお話ですが、もやしもんの3巻を買いました。5/23の発売です。
 物語の舞台は、農業大学。菌が見える主人公が大活躍する。というお話かと思ったんですが、回りの登場人物のほうが目立っています。菌が見える能力は、あまり活躍してません。
 さて、これ買うのに結構苦労しました。最初に行った本屋には無し。次の日に別の本屋で見つけましたが、置いてあるのは通常版のみ。連載中の雑誌イブニングの広告で、この3巻には通常版と特装版の2種類あると書かれていました。中身は変わらないとも書かれていたんですが...やっぱり表紙だけでも見比べたいじゃないですか。というわけでこのお店では買わないで、また次の日に別のお店へ。
 この日は2店舗見たんですが、どちらにも3巻が無い!うちの近所は、漫画暗黒世界か?と思いつつ、通常版でもいいから買おうと、3巻が置いてあったお店に戻ると...2冊あった在庫が無くなっていました!!うーん、近所の本屋3店舗で無かったのは、入荷が無いんじゃなくて、売り切れてたのだろうか?
 実は探している途中から、もうもやしもんの単行本を買うのはやめようか、とも思っていたのですが、これで火が付きました。絶対に買ってやる、と。で、次に行ったお店であっさり見つかったんですけどね。ただし、ここも通常版のみでしたが。
 通常版と特装版の違いは、フラン☆Skinさんの雑記に詳しく書かれていました。買う前にこれを見て、通常版でいいかぁ、と思ったのでした。なんとなく全体の雰囲気がですね、通常版のほうが、らしいんですよ。あえて言えば、次号予告が決め手ですかね。
 あと、この単行本でも現れていますが、最近のだめカンタービレとの関わりが出てきてます。でも、この二つの作品は、ちょっと合わない気がするんですよねぇ。合作(というほどのものではないですが)まだやるのかなぁ。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。