FC2ブログ

K100D購入の経緯 その2

 さらに、連続で書き込みます。
 今もっている携帯電話SH251isでも、きれいな写真が撮れることは分かりました。でもそれは携帯電話の画面での話。最大サイズがVGAの480x640では、PCなどで見る場合には力不足でしょう。では、コンパクトデジカメのRICOH CaplioR2では?これは個人的には、風景を撮るのには最適だと思いますが、人を撮るのにはいまいちかな、と思うことがあります。と言うのも、ちょっと暗くなるとホワイトバランス(大雑把に書くと、全体の色)が変な感じになってしまうことがあります。全体的に青っぽくなっちゃうとか。このおかげで重厚な雰囲気のある森の風景を撮れたりして楽しんでいたんですが、人を写すのにこれはいただけない。と言うわけで導き出されたのが、一眼レフデジカメだったのです。
 しかし、いくら安くなってきたとはいえ、レンズやら何やら揃えていけば、結構なお値段。型落ちの機種でもなければ10万円は下らない、と思っていました。ところが、調べてみると8万円ほどで最低限の装備が揃って、手ブレ補正機能まで付いているというPENTAX K100Dが出てきました。いろいろなレビューやクチコミでも高評価。また、10月15日までに購入すれば1万円のキャッシュバックキャンペーン中。こ・れ・は・超お買い得。詳細に見れば弱点はありますが、それを補って余りある長所があり、さらにコストパフォーマンスが最高です。
 1万、2万の携帯電話が高いと言っている人間が、8万円がお買い得というのもおかしな話ですが物が違いますからね。これは本当に、今が旬の買い物だと思いました。
 続く。
スポンサーサイト



K100D購入の経緯 その1

 久々に、短期間での連続書き込みです。やっとPENTAX K100Dを買った経緯など。
 8/21の書き込みで、「子供の写真を撮るために携帯電話の買い替えを考えたけど、値段が高いのでやめた」というようなことを書きました。このとき、今持っているSH251isのカメラが非常に貧弱だと考えていたんですが...実は性能の半分も使っていませんでした。SH251isの撮影サイズには、以下の4つがあります。
 iショット(S):120x120ピクセル
 iショット(L):288x352
 待受画面:176x220
 VGA:480x640

 で、今までずーっと「iショット(S)」で撮ってました...いや、最初は他のサイズでも撮っていたんですけどね。買ったままの設定だと、カメラ機能を立ち上げなおすたびに、設定が「iショット(S)」に戻っちゃうんですよ。で、しばらく使っていなかったので、サイズ変更できることを忘れてました。最近改めてiショット(L)とかで撮ってみたら、携帯電話の画面で見るだけなら、非常にきれいな写真が撮れました。また、SH251isはminiSDカードのような外部メモリがないため、すぐにPCなどで見ることが出来ませんが、アドレスなどを含めて、データをドコモショップでCD-Rなどに保存できるとのことなので問題なし。ということもあって、携帯電話の買い替えはまだまだ先で良いかぁ、となったのでした。
 続く。

K100Dのマクロモードとは

 PENTAX K100Dについて、また買った経緯とは別な話をします。
 K100Dだけではないですが、最近のデジカメは人物モードとか、風景モードとか、あらかじめ設定されている撮影モードを選択することが出来ます。K100Dはこの中に、マクロモードというものがあります。
 コンパクトデジカメ(レンズ交換できない、小型のデジカメ)でマクロと言えば、接写モード。被写体まで10cmまで近づけるとか、私が持っているRICOHのCaplioシリーズでは、1cmまで近づけることが売りの一つだったりします。
 ではK100Dのマクロモードも、接写が出来るのか?というとそうではないようです。これもK100Dに限らず、一眼レフデジカメの接写能力は、レンズの性能によります。じゃぁ、K100Dのマクロモードは何なの?と言うことになりますが、これはホワイトバランスとかコントラストの設定をいじっているもののようです。で、それ以上は分かりませんでした。すいません。これはデジカメwatchのレビューでも詳細は書かれていませんでした。メーカーの機密事項なんですかねぇ。もし分かったら、また書きたいと思います。

Template Designed by DW99