スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHOTO IMAGING EXPO 2007 その2

 PHOTO IMAGING EXPO 2007(PIE)の補足だけのつもりだったんですが、ついでなので、その2にします。
 まず、追記のつもりだったのが、タムロンのレンズクリーニングコーナーについて。リンク先に書かれていますが、タムロンレンズ限定です。で、なぜ私が行ったかと言うと、AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1: 2(Model A17)を買っていたからです!もう書いた気になっていたんですが、まだでしたね。間を空けすぎて勘違いしていました。前の記事見て、タムロンのレンズ持っていないのに行こうと考えていた方、すいません。
 AF 70-300mm (A17)については、また別の機会に書きますが、取り急ぎカメラのキタムラ 成田店の店員さんに、大変お世話になったことは書いておきます。
 さて、PIEで面白かったものに、イベントセミナーゾーンのピンホールカメラ(針穴写真って書いてたかなぁ...)の展示があります。ピンホールカメラで撮った味のある写真も面白いのですが、原理の解説も面白いです。焦点距離、ピンホールの大きさはもちろん、ピンホールを開ける厚紙の厚さでも画が変わるんですねぇ。実際にいろいろとピンホールを変化させて撮った写真が並べられていて、とても分かりやすかったです。以前テレビで、一部屋丸ごとカメラ室(?)にして、壁にピンホール写真を映し出していた人が紹介されていましたが、はまると面白いんでしょうねぇ。
 他にも、このイベントセミナーゾーンには味のある展示が結構あって楽しめます。ただ、今日は比較的静かでしたが、明日からは“驚異の2足歩行恐竜ロボット”が出現して、うるさくなりそうです。会場の雰囲気が壊れなければ良いのですが...会場の担当と思われる方々がリハーサルなどしていました。頑張ってください!
スポンサーサイト

PHOTO IMAGING EXPO 2007

 PHOTO IMAGING EXPO 2007(PIE)に行ってみました。諸事情で平日に行ったわけですが、(失礼ながら)あまり人がいないだろうと思っていたレベルアップセミナーは、100席程度の椅子は全て埋まり、立ち見の人も多く見られました。
 最新デジカメなどが展示される展示ゾーンも結構人がいましたが、モデルさんが登場しない場所は余裕で回ることが出来ました。でも、家族向けのイベントも開催される明日、明後日は、かなり込むでしょうねぇ。
 2,3のセミナーを聞いた後、オリンパスの木のカメラシグマのお化けレンズなどを見て、タムロンのレンズクリーニングコーナーに立ち寄ったりしました。もうちょっといろいろ見たかったんですが、子供づれだったので、適当なところで帰りとしました。
 しかし、会場内はどこもかしこも、うるさかったです。フォトコンテスト入賞作品展付近ぐらいは静かになるよう会場設計してくれても良いと思うんですけどねぇ。と、アンケートに書けばよかったと今思いました。1階望遠鏡ゾーン付近で案内しているアンケートに回答すると、ボールペンがもらえます。これから行く人、次回から静かに写真やカメラを見れる場所を作ってもらえるよう、書いてもらえませんか?

P703iμ

 P703iμ買いました。
 機種選定の際の対抗馬は、もちろんN703iμ。こちらの方が、持ったときのバランスが良いし、バッテリーが持つし、メインディスプレーが大きいのですが、背面液晶が無い。開かないと時間が分からない。いや、サブディスプレーとして7X7個のLEDがあるんですが、これに表示される時計が一目では分からないんですね。私には、携帯電話の時計が必須なので、N703iμは却下。
 さて、P703iμの使い勝手はどうかなぁ。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。