スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントとトラックバックについて

2006/1/22:追記しました

 当Blogのコメント、トラックバックに対する考えは、以下の記事に準拠します。
【ブログ入門】 コメントとトラックバックのルールとマナー
 当Blogをご訪問の方は、お手数ですが、上記記事をお読みいただき、ご理解をお願いします。

 また、上記Blogに書かれている、以下の記事に賛同を示します。
【 トラックバックスパム撲滅3原則 】 快適なブログを実現するために
 私に何が出来るかわかりませんが...


 なお、これらの記事は、以下のBlogに書かれているものです。
【無料ブログ比較なら】まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。
 無料レンタルブログサービスの比較・検証をメインに、Blogに関わる様々なことを書かれているBlogです。Blogを作る、見る上で有用な情報が多く書かれています。
 間違って、当サイトをご訪問してしまった方も、上記記事を含めて、ご一読することをおすすめします。

追記
2006/1/22
 新たに、トラックバックの現状について、まとめられた以下の記事を読みました。
トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか
 日本のトラックバックの使い方は、4つに分けられるようです。先のリンク記事「【ブログ入門】 コメントとトラックバックのルールとマナー」の考え方は、そのうちの一つでしかないということです。
 ということで、私のトラックバックの考え方は、以下のようにします。

・自分からのトラックバック
【ブログ入門】 コメントとトラックバックのルールとマナーに準拠

・自分のBlogへのトラックバック
 トラックバックしてきた相手の記事が、自分の記事に関連するものであれば、自分の記事などへのリンクが貼られていなくても許容。でも、トラックバック返し、お礼コメントなどはしません。
 スパムは、削除。

よろしくお願いします。

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/100-322577bf

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。