スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆境ナイン

 今回が、罠にはまって買ってしまったマンガシリーズ最終回。最後を飾るのは、逆境ナインです。
 最近、映画にもなりましたね。作者が島本和彦先生と言えば、分かる人は分かってしまう、熱いマンガです。前回のおおきく振りかぶってとは、対極にあると言っていいかも。
 弱小野球部が、様々な逆境に対して、どかんとぶつかって切り抜けていく物語。技術もくそも無く、とにかく根性、とはちょっと違う、なんかこう「男」というか「熱」というか、うーん...あえて言えば、「島本魂」みたいな?
 こんな言い方は「細かいことは、放っておけ!」と言われそうな感じのマンガです。で、先にも書きましたが、根性ではないんですね。「物事は、最初と最後が一番難しい」とか、なんか説得力ありそうな台詞が、勢いのある画と一緒になって、読者の心に焼きついたりします。
 という、かなり特徴のあるマンガなので、受け付けられない人も結構いるようです。でも、私は好きです。

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/142-7bb67c4a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。