スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子辞書の選び方1

 自分でも推薦しておいてなんですが、Sekky's Website 辞書関係コンテンツ電子辞書掲示板の情報を読んでいると、必要ないのに英語専門モデルを買いたくなってしまう危険性があります。電子辞書掲示板の常連さんたちは、英語に関わる職業の方が多く(サイト管理者のSekkyさんは英語講師!)、あの英和辞書がいいとか、この英英辞典が好きとか書かれていて、どんどん高級な英語辞典が欲しくなってしまいます。が、私の場合英英辞典を使いこなすレベルに達していないので、英英辞典のどれが良いかなんて考える必要はなかったりします。
 ただ、常連さんたちはむやみに高度な辞書をお勧めするわけではなく、初心者の質問にも丁寧に、的確に答えてくれています。でも、いきなり「どの電子辞書がいいのでしょうか?」という一文だけでは、当然何も答えられません。TOEICうん百点を目指しています、とか、大学の英文科で講義に持って行きたいとか、多少なりとも方向性を持って電子辞書掲示板で質問してみると良いと思います。
 さて、その方向性の見つけ方ですが、そのためのポイントが3つあると思います。掲示板に質問しなくても、方向性を見つけた後に、電子辞書選びに入ります。選ぶポイントは3つあると思います。一つ目は搭載されている辞書:コンテンツ、二つ目は検索機能:ソフト、三つ目は大きさや見やすさ等:ハードです。
 次回から、それぞれのポイントについて書いてみます。

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/148-46da7634

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。