スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子辞書の選び方3

 電子辞書を選ぶポイントの二つ目は、検索機能。
 どれも同じだろ?と思いきや、技術の世界は日進月歩。同じメーカーでも、1世代違うと新しい機能が付いていたり、改良されていたり。人によっては、改悪になっちゃう場合もあるようですが。
 一文字打つごとに候補が絞られるインクリメンタルサーチや、検索した単語を別の辞書で調べるジャンプ機能など、紙の辞書には無い機能が電子辞書の持ち味ですが、細かく見ていくと、さらにいろいろな機能があります。が、すでに書いたように、これは機種ごとにきちんと見ていかないと、何が出来るのか分かりません。また機種によっては、英和辞典では使えるけど、国語辞典では使えない検索方法なんてのもあるので、1機種の中だけでもカタログはきっちり確認しなければなりません。
 ここで、全ての機能が必要(便利)という人はいないので、自分で必要な機能を選んで、機種を絞っていくことになります。ただ、初心者の場合には、何が必要なのか分からないので、あまり気にしないでいいかもしれません。最近の機種なら、一通りの機能は、付いているはずですので。

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/150-14e6dd8e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。