スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子辞書の選び方4

 またまた、更新間隔が開いてしまい、すいません。
 やっと電子辞書を選ぶ三つ目のポイント、ハードについてです。
 画面の見やすさや、キーボードの打ちやすさ、デザインの好みなど、自分に合ったものを選びましょう。これらは店頭で触れば確認できますね。また、触っただけでは分からない、耐衝撃構造を持ったものもあります。カタログを見て確かめましょう。
 このほか必要によって、スピーカーからの発音機能や、メモリカードによる辞書追加機能の有無を確認しましょう。
 最後に、これはソフトに含まれるかもしれませんが、動作速度があります。起動、単語検索、一括検索など、いろいろな動作で、速い機種、遅い機種があります。最近は、登録辞書が増えたり、いろいろ機能が付きすぎたためか、最新機種より、前の機種の方が速いこともあるようです。これらも店頭で触れば分かりますが、起動や単語検索は速いけど、一括検索は非常に遅い、なんてこともあるようなので要注意です。

 次回からは、各メーカーの特徴など、もうちょっと具体的な事例を書いてみたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/151-e52409f3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。