スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コダック EasyShare V570

 前回から続けて、電子辞書の選び方を続けて書く予定でしたが、ちょっと休憩。今回はデジカメの紹介。

【新製品レビュー】コダック EasyShare V570
23ミリの衝撃! 2つのレンズで超広角を実現――コダック「V570」
田中希美男さんのカメラレビュー:Photo of the Dayの2006年1月6日と7日の記事。

 3つの記事を並べましたが、まぁ、いろんな意見が出ています。共通しているのは、デュアルレンズ(+デュアルCCD)搭載という新技術と、23mm相当の超広角レンズの面白さが強調されていること。
 デュアルレンズは見た目にインパクトがあって、興味をそそります。
 でも、このカメラの真髄は、やっぱり超広角レンズ。23mmとかの数値は焦点距離で、小さいほど広い範囲が写せることをあらわします。数字が大きくなると移せる範囲は狭いけど拡大される=ズーム機能と言うことです。で、今発売されているコンパクトデジカメのほとんどは、焦点距離が35mmとか38mmとかからで、これに比べると非常に広い範囲が写せることになります。35mmでも後ろに下がって撮れば一緒じゃないか?とも思いますが、実際は遠近感や、焦点深度(ボケかた)の違いがあって、全く異なる印象の写真が撮れたりする、らしいです。いや、まぁ、私にはまだ、その辺の感覚がわからないんですけどね。
 でも、私が持っているCaplio R2など、RICOHのデジカメの多くは、焦点距離28mmからで、それでも35mmとはちょっと違った感じの写真が撮れます。23mm、使ってみたいですねぇ。

 総合的な性能は平凡な感じ。超広角レンズを除くと、一般ユーザー向けの機種になってしまうようです。これが、記事によって異なる意見が出てくる原因となっているようです。販売ターゲットが、マニアなのか?一般ユーザーなのか?難しいですねぇ。
 個人的には、買ってみたいなぁと思ったりします。このサイズで23mmですからねぇ。でも、次は手ブレ補正機能が欲しかったんだよなぁ。どうしよう。

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/152-ba9bf742

Kodak EasyShare V570 のレビュー・記事リンク集
♪人気ブログランキング♪に投票ご協力願います。 ↓オリンピックバージョン 本機種のメーカーページ(

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。