スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子辞書の選び方6

 さて、やっとメーカーごとの電子辞書の特徴です。
 最初は、CASIO
 エクスワードのブランド名で豊富なラインナップを擁し、メーカーシェア50%というトップメーカーです。他のメーカーに先だって、搭載辞書数を増やしたり、ハード面で新機能を増やしたりして、ユーザーに分かりやすい部分で優位に立つことにより、高いシェアを保っているようです。
 最近の機種では、搭載辞書数に大きな違いはなくなってきています。50冊とか100冊とか搭載する機種が、他メーカー含めて出てきていますが、ここまで来ると私にとっては、文字通り50歩100歩ですね。使わない辞書の方が多くなっていくだけです。
 その他の特徴ですが、パソコン経由やデータカードにより、辞書を増やすことが出来ます。全ての辞書が用意されているわけではありませんが、搭載辞書により機種選択の幅が狭められる可能性は低くなっています。また、TAFCOTという耐対衝撃構造もあります。
 最近の大きな特徴は、ドット数が多い液晶を搭載する機種を出してきていることです。具体的には、これまでQVGA:320x240ドットだったのが、HVGA:480x320ドットに増えています。これにあわせて、画面サイズが5.7型という大きな機種もラインナップに加えられました。これは本当に見やすいですね。特にプレビュー画面が右側に開かれる、タテ型プレビュー画面が素晴らしいです。残念なのは、全ての辞書のプレビューががタテ型になるわけではないこと。辞書によって見え方が変わるので、使い始めは混乱するかもしれません。
 その他の悪い点は、最近の機種では、複数辞書検索に非常に時間がかかるということがあります。起動は速いです。1辞書での検索も速いです。でも複数辞書検索になると、時間がかかります。10秒以上かかることもあるようです。何ででしょうねぇ。いろいろな検索機能に改良(改悪?)が加わっているようですが、プログラムに大幅な変更があったんでしょうか。さらに、その検索機能含めた操作性について、玄人さんには不満なことが多いようですが、私にはわかりません。
 まぁシェアが高いと言うことは、全く使えないとか、いきなり故障するとかはないと思うので、初めての1台には選んでも大間違いはないと思います。

 ちなみに私にとってエクスワードと言えば、スライド式キーボード搭載の機種が思い浮かびます。この機構が、今は亡き(?)PDAの名機PSION(詳細はページ上の画像をクリック)に通じるものがありました。でも、今はスライド式キーボードの機種は出ていません。こういう遊び心は、マニアにしか受けないんですかねぇ。今あれば、迷わずエクスワードを買っていた、かもしれないんですけどね。

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/155-772abb88

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。