スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子辞書の選び方7

 最近疲れ気味で、週末ブロガーになってしまっています。あと1ヶ月ぐらいで落ち着くかな。
 それはそれとして、メーカーごとの電子辞書の特徴、2社目はシャープです。
 シャープの電子辞書は、検索機能に特徴的なものがあります。まずW検索。これは擬似的なウィンドウ表示で、1画面に複数の検索結果を表示するものです。
 2つ目は早見機能。検索した単語が複数の意味を持つ場合、それぞれを1行ずつだけ表示して、画面スクロールなしに全ての意味を見通すことが出来ます。
 3つ目は、厳密には検索機能ではありませんが、メニューカスタマイズ機能です。これは、辞書を選ぶメニュー表示画面の、辞書の並び順を変えられるというもの。自分がよく使う辞書を、メニューの上に移動させられます。
 検索よりも分かりやすい違いとして挙げられるのは、やはりシャープといえば液晶。中でもカラー液晶が圧巻ですね。最新機種はPW-N8000WAKIさんが購入されて、うらやましい限りです。リーダーズ英和辞典が入っていれば、私もこれを選んでいたでしょう。で、意味もなくブリタニカ国際大百科事典なんかを見たりすると思います。
 カラー液晶の機種は少なく、ほとんどはモノクロ液晶ですが、これも他の機種よりも見やすいとか聞きます。また、LCフォントという独自のフォントも、表示が見やすいと言われる一因となっています。全体的にバランスの取れたメーカーのようで、筐体の色が白いことが嫌でなければ、選んで損はないでしょう。

その他
 電子辞書の選び方というページを見つけました。今年に入って、新機種が発売されているメーカーもありますが、まだまだ参考になると思います。

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/156-29dbc969

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。