スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FUJIFILM FinePix F10

FUJIFILM FinePix F10
 フジノンレンズと新世代スーパーCCDハニカムV「HR」、そして新・画像処理システム「リアルフォトエンジン」が生み出す超高感度高画質が、他の機種では得られない一瞬を、あなたの手元に残します。
 って、感じでしょうか。これも基本性能はIXYに負けず劣らず。これに加えて、一押しの機能が高感度撮影。
 暗い場所での撮影は、シャッタースピードが速いと、画像も暗くなります。シャッタースピードを遅く(シャッターが開いている時間を長く)すれば、CCDに入る光が増えて、画像が明るくなるけど、ぶれ易い。CCDの感度を上げれば(信号の増幅ですね)シャッタースピードが速くても明るくなるけど、この場合ノイズが増えて、画像が悪くなる。
 でも、FUJIFILM FinePix F10は、がんばってノイズを減らしてくれるので、感度を上げてもきれいな画像が得られます。つまり、暗くてもシャッタースピードを速くできる。感度(信号の増幅率)は、設定で変えられますが、大雑把に言って、2~4倍感度を上げてもノイズが目立たなくて、シャッタースピードを1/2~1/4に出来るようです。その威力は、絶大!、かどうか私には分かりません。店頭でその辺試してないので。ただ、ネットで情報を見ている限りでは、かなりの優れもののようです。コンパクトデジカメの歴史を変える一台、と言っている方もいらっしゃいました。ディズニー協力のCMが流れているそうですが、こちらは、LUMIX同様やや誇張されているかもしれませんね。
 なお、ナチュラルフォトモードという設定では、最高感度(ISO1600)に自動で設定されますが、普通のオートモードでは、ひとつ下(ISO800)までしか設定されないそうです。この機種の一押し機能を使い倒すためには、適切なモード選択が必要ですね。
 その他、起動時間は1秒ちょいということで、ばかっ速とは言えませんが、気にならないと思います。その他の動きも、そこそこ速そうです。
 店頭で見たところ、私はどうでもよかったのですが、奥さんはデザインが気に入らないと、ばっさり切られました。
 5月発売予定のFinePix Z1は、デザインは良いようですが、中身が違います。詳細ははしょりますが、間違いなくFUJIFILM FinePix F10同等の感度は持てないでしょう。
 なお、バッテリの持ちは上々で、IXY、LUMIXの3倍ぐらい持ちそうです。
 こんなFUJIFILM FinePix F10の弱点は、記録メディアと充電アダプター。記録メディアはxD-ピクチャーカードというマイナーなものです。いろいろと不便でお金がかかりそうです。充電は、PCとの接続ケーブルも一緒になった無骨なのが必要だそうです。まぁ、電池の持ちがいいので、持ち歩く必要は無いんでしょうけど。
 ってところで、本体だけ見ると買って損はない気がします。でも記録メディアとか充電アダプタとか、周辺環境が気になります。これ、使い勝手としては、結構重要な要素だと思うんですよねぇ。それと高感度撮影に関しても、まだまだ改良されて、あと2世代(1年)ぐらい後で完成形になるような気がします。これは、たんなる想像ですけどね。

 操作性や画質は、自分で触って、観て確認しましょう。店頭に実機があれば、サンプル写真もあるはずです。ネットにも、いろんなところで写真が紹介されています。
 その他、情報源は、以下参照願います。
価格.com Panasonicデジカメのページの口コミ掲示板

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/17-a0483b64

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。