スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K100D購入の経緯 その2

 さらに、連続で書き込みます。
 今もっている携帯電話SH251isでも、きれいな写真が撮れることは分かりました。でもそれは携帯電話の画面での話。最大サイズがVGAの480x640では、PCなどで見る場合には力不足でしょう。では、コンパクトデジカメのRICOH CaplioR2では?これは個人的には、風景を撮るのには最適だと思いますが、人を撮るのにはいまいちかな、と思うことがあります。と言うのも、ちょっと暗くなるとホワイトバランス(大雑把に書くと、全体の色)が変な感じになってしまうことがあります。全体的に青っぽくなっちゃうとか。このおかげで重厚な雰囲気のある森の風景を撮れたりして楽しんでいたんですが、人を写すのにこれはいただけない。と言うわけで導き出されたのが、一眼レフデジカメだったのです。
 しかし、いくら安くなってきたとはいえ、レンズやら何やら揃えていけば、結構なお値段。型落ちの機種でもなければ10万円は下らない、と思っていました。ところが、調べてみると8万円ほどで最低限の装備が揃って、手ブレ補正機能まで付いているというPENTAX K100Dが出てきました。いろいろなレビューやクチコミでも高評価。また、10月15日までに購入すれば1万円のキャッシュバックキャンペーン中。こ・れ・は・超お買い得。詳細に見れば弱点はありますが、それを補って余りある長所があり、さらにコストパフォーマンスが最高です。
 1万、2万の携帯電話が高いと言っている人間が、8万円がお買い得というのもおかしな話ですが物が違いますからね。これは本当に、今が旬の買い物だと思いました。
 続く。

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/196-91f6c229

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。