スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週間アスキーのデジカメ広告から

 RICOH Caplio R2について、なかなか文章をまとめられません。これの単体紹介の前に、発売中の週間アスキー2005 4-12から。
 この号には、FUJIFILM FinePix F10RICOH Caplio R2の広告が載っています。
 FinePix F10は、「高感度でブレに強く、連続撮影500枚の長持ちバッテリーにシャッタータイムラグ0.01秒のクイックレスポンス」と、存分に強みを書き出した上に、ディズニーランドで撮影した、鮮明な夜景画像を載せています。
 これに対してCaplio R2がアピールしているのは、バッテリー持久力のみ。それもFinePix F10と同じ500枚撮影。その上、小さく書かれている仕様の中には、「高速0.06秒レリーズタイムラグ」の文字が。負けてるやん!本当は、Caplio R2の方が早いんだよ。0.06秒はシャッター一気押しのときのタイムラグ。FinePix F10の0.01秒は半押しして、オートフォーカスが完了した後のタイムラグなのです。比較する数値が違うんですよ、皆さん。詳しくは、Caplio R2の単体紹介のときに書きます。
 バッテリーも持ちも大切ですが、Caplio R2が一番押さなければならない機能も紹介させていただきます。あと、致命的とも言える弱点も...

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/20-af7dd8fb

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。