スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RICOH Caplio R2

RICOH Caplio R2
 いよいよ、shiroが使ってみたい機種ナンバー1の登場です。
 まずは、長所から。
・焦点距離:35mm換算で、28mm~135mm。
・マクロ撮影:1cm~。望遠時13cm~。
・速い:起動時間0.8秒、レリーズタイムラグ、シャッター一気押しで0.06秒、半押しオートフォーカスでピントが合っているところからなら0.003秒、撮影間隔1.0秒。
・バッテリが長持ち。
 うーん、すばらしい!と思う。焦点距離とか、考えたことがないので、実際に使ってみないと実感できないと思いますが、ネットなどで得た知識で書きます。他のコンパクトデジカメの焦点距離は35mmからが多いですね。この数字が小さいほど、広い範囲を1枚のフィルム(CCD?)に収めることが出来るのです。RICOH Caplio R2の28mmってのは、当然35mmより広い範囲を撮ることが出来るわけで、画像の広がりとか迫力とかが変わってきます。広い範囲を撮るには、自分が下がればいいと思うかもしれませんが、後ろが道路とかで下がれないとか、下がると画像に柵とか木が入って邪魔になるとかいうことありませんか?これが避けられるんですよ。
 大きな数字の方は、この数字が大きいほど、ズームが効きます。他の機種では大きい方の数字は105mmとかですね。これもRICOH Caplio R2の135mmの方が優れていて、より拡大した画像が得られます。ちなみに、光学3倍ズームと言う場合、焦点距離の小さい数字で大きい数字を割った値が3と言うことになります。たとえば、105÷35=3というわけです。RICOH Caplio R2は、135÷28で約4.8倍ですが、小さいほうの数字が35mmとすると、135÷35で約3.86倍。4.8と言う数字と比べるとかなり小さくて、広告としてはちょっとインチキくさいですが、3倍よりは大きいので良しとしましょう。
 マクロ撮影は、どれだけ被写体に寄れるか?ということ。個人的には、5cmまで近づければ、一味違う画像を撮れると思っています。が、多機種を見回すとあまりないですね。
 shiro注目の機種は、結構クリアしていますけどね。さすがです。(CANON IXY DIGITAL 600:5cm。IXY DIGITAL 55:3cm。Panasonic Lumix DMC-FX7:5cm。FUJIFILM FinePix F10は、7.5cmで残念!)
 さて、マクロで注目すべきはもう一点。望遠側のマクロ機能です。望遠側はテレ側とか言うこともあります。RICOH Caplio R2は、これが13cm!他の機種は30cmとかだったりします。望遠側のマクロの何がいいかというと、画像がゆがまないとか、背景のぼけを強く出来たりとか、いいことがあるようです。すいません、これも実際に使い込まないと、分からないと思いますので、説明はこれぐらいで...
 という感じで、ややカメラに精通していないと、「良い!」と思える機能ではないんですね。 カメラ初心者でも分かりやすいのは、速い、バッテリが持つってところですね。これは文句なしです。
 し、か、し、
 画像が悪いようなのです。暗い室内では、うまく撮れない(画像も暗くなる=自動露出機能がいまいち)とか、ざらざら感(ノイズ)が目立つとか、ピントが合っているのに画像がぼけているとか。さらに青っぽくなるという話もありました。これからの季節、キレイな青空が撮れるのはいいですが、太陽の出ない秋田の長い冬では、画像だけではなく、心もブルーになってしまいそうです。これら画質については、マニュアル設定である程度解消できるようですが、それにも限界があります。

 これらの長短所は、前のバージョンCaplio R1Vでも言われていたことでした。R2になって、多少は改良されることを期待していたのですが、ネットでの評判や、発売開始時期が2ヶ月しか違わないことから考えると、まったく変わっていないのでしょう。ボケなどは、拡大しなければ気にならないようですが、でもねぇ、うーん、気になりますよねぇ。

 実際に触った感じでは、起動時にレンズカバーが開くときに「ガシャッ」と、大きな音がなるのが気になります。電源オフでレンズカバーが閉じるときもなります。動作は確かに速いですね。起動がもっと速いと嬉しいのですが、さすがにデジカメには無茶な注文でしょうか。焦点距離、マクロの威力も、液晶モニターでなんとなく分かりました。他の機種と比べて、確かに一味違う構図を得ることが出来そうです。
 でも、やっぱり画質が気になります。気になるんです。ネットで紹介されている画像などを、もっと見てみます。でもその前に、秋田では取扱店が少ないんです!!これが一番問題!これについては、次回。

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/23-4bfcc188

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。