スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグマ (朝日文庫)

 今回読んだのは、マグマ (朝日文庫)。著者は、ハゲタカ(上) (講談社文庫)で有名なようですが、諸般の事情により、マグマ (朝日文庫)を先に読みました。
 地熱発電の開発、事業化を、外資による企業買収を軸に書かれた物語。物語の大部分は、事業化に関わる人たちの人間模様ですが、現実の地熱発電に関する状況も、分かりやすく物語に組み込まれています。ただ、描かれている問題は外的なことだけでした。技術的な問題も、ちょっとは突っ込んでほしかったと思いましたが、技術的なことは専門書を読むべきですかね。その他、頑固な技術者などの登場人物や、わずか1年で国を動かすほどの規模で事業化を成功させるストーリーなど、物語だなぁと思ってしまう部分が多いですが、迷わず一気に読めることで楽しませてもらいました。ラストもありがちですが、私は好きです。
 ちなみに検索すると、マグマ (角川文庫)も出てきました。こっちの方がちょっと安いですね。内容紹介文からすると中身は同じと思いますが、購入の際は、ご自身でお確かめ願います。

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/231-d7345709

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。