スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Caplio R2購入断念

 いろいろと考えた末、RICOH Caplio R2は、購入しない方向になってきました。
 28mm広角撮影や1cmマクロを搭載し、コンパクトデジカメとしては独特の構図を作れることは、非常に魅力的です。しかし、これまで情報を集めた結果、画質が私の好みではないと思いました。
 ネットで見たサンプル画像は総じて、良く言えば落ち着いた、悪く言えば暗めの印象を受けます。秋田にいると、やはり、明るめの画像が欲しくなります。
 また、Caplio R1での情報ですが、画像の細部つぶれが、気に入りません。ちなみにCaplio R1は、2004年9月発売です。R2の発売はその半年後ですが、大きく変化しているとは思えません。細部つぶれは「画像の印象がソフトになる」という場合もあるかもしれませんが、私の好みではありません。また、精細な画像なら画像処理でぼけさせることが出来ますが、逆は困難ですし。
 さらにCaplio R1Caplio R1Vも含めた情報ですが、設定をオートにしておくと、画像がざらつく(オートだと感度を上げる方向にある)、露出オーバーになりやすい、ホワイトバランスの精度がいまいち、などの癖があるようです。これらは手動で各種設定をすることにより、ある程度回避できますが、コツをつかむのに時間がかかりそうです。被写体によっていろいろ調整することは面白そうですが、私としてはもうちょっと気楽に、パシャパシャいろんなものを撮りたいと思っています。

 Caplio R2は、画質はあまり気にせず、これまでとは違った構図を撮りたいという場合には、最適のようです。具体的には、広角を生かした奥行きのある風景(晴天時がベター)や、マクロを生かした迫力のある草花などです。起動時間、レリーズタイムラグの短さを生かした、一瞬を捉えられるという売り文句もありますが、これは他メーカーからも可能な速さをもった機種が出てきています。
 ちなみに、Caplio R2の癖を生かすにはマニュアル設定が必須ですが、上位機種のCaplio GXの方が、絞り等、マニュアル設定可能項目が多くなっています。こちらはこちらで、いろいろ弱点があるようですが、それらの解消を期待される新機種のうわさが、最近出てきています。今すぐ買いたいというわけでなければ、Caplio GXの新機種を待つのもいいかと思います。

 画質など、以下のページなどを参考にしました。
価格.com RICOHデジカメのページの、Caplio R1、R1V、R2の口コミ掲示板
Caplio R1 レポート1の、画質比較のページ

さーて、私は何を買おうかなぁ。

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/25-1ef42198

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。