スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポータブルハードディスク購入 その2

 前回からの続きです。
 家のパソコンのデータのバックアップを取るために、ポータブルハードディスクHD-PH80U2/UC(80GB)を買いました。で、バックアップソフトとして、RealSyncを使います。
 実は、会社でも、ポータブルハードディスクHDP-U60P(BK)RealSyncで、データのバックアップを取っています。これについては、結局携帯大冒険2雑談446~448をご覧ください。この内容を見ると、当時60GBで32,800円だったんですね。それでも驚愕してたのに、今の値段といったら...外付けでも据え置きタイプだと、同じ値段で容量が3倍ぐらいになるし、個人でTB単位持っている人も、いっぱいいそうですね。
 それはともかく、すでにRealSyncの使い勝手は分かっているので、設定は楽々です。バックアップを取るのは、MyDocumentsと、一部アプリケーションと、最重要のメールデータです。メールデータは、ソフトによって保存場所が異なると思います。今回は、隠しファイルとなっていたので、探すのに少々てこずりましたが、なんとか見つけました。
 さて、家のパソコンのUSBポートは1.1だけで、全てのデータをコピーする初回の転送には、かなり時間がかかりそうでした。そこでIFC-USB2CBという、PCカードスロットをUSB2.0に変換するカードを使いました。ただ、これを使うと、駆動電力がUSBケーブルからだけでは足りず、ドライブが認識されません。でも、大丈夫!HD-PH80U2/UC(80GB)は、別のUSBポートから電源が取れるUSB給電ケーブルが添付されています。
 USB1.1のポートは開いているので、ここから電力を供給しつつ、USB2.0のスピードで、データを転送しました。その後は、更新したファイルのみ転送するので、USB1.1でも、気にならないぐらいの時間内でバックアップが終了します。
 ちなみに、私の場合は、一日の終わりにバックアップを取るようにしています。また、必要なものは、全てファイルなので、システム丸ごとのバックアップはとっていません。とりあえずは、これで十分だと考えています。
 皆さんも、何かある前にバックアップをお忘れないよう。

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/51-464a7ea1

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。