スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始まったばかりの、日本のOCW

国内有名6大学の教材を無償で公開--受験に合格しなくても学べる?
 MITが実施している、講義内容の公開システム:OCWを真似たものです。技術者の一人として期待したのですが、今はまだ、見る価値がありません。
 チラッと見ただけですが、東大、京大のほかは、講義の概要のみで、ノート(講義資料)の公開がありません。東大、京大のノートも、MITに比べれば、かなり数が少ないですが。
 ただ、MITの公開資料も、それで実際の講義と同等の学習が出来るわけではなさそうです。OCWは、それで学ぶというものではなく、講師が自分の講義をアピールする場のような気がします。生徒からすれば、その講義が自分の求める知識を得られるものか、自分の学習スタイルにあったものかを確認できるもの、がOCWであると感じました。
 日本のOCWはまだ始まったばかりで、これから内容が充実して、参加校も増えていくのだと思います。また、上記記事中にあるように、「世界に教育内容を公開しているために、教員も刺激を受けながら講義内容を革新していかなければいけない」ことも期待されます。今後の展開を楽しみにしましょう。

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/52-710c2e8e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。