スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イオン秋田ショッピングセンターから、世界の携帯電話を観る

 イオン秋田ショッピングセンターで、Shall we Dance?を観てきました。
 隣の、交渉人 真下正義は混んでましたが、Shall we Dance?はがらがら。落ち着いて観ることが出来ました。
 中身は、ほとんど日本版と同じ。元のお話自体が面白かったので、別に良いんですけどね。ラストは、ハリウッドらしい感じにはなっています。多少不自然でも、私はこちらの方が好みです。なんたって、架空のお話ですからね。
 さて、この映画の中には、携帯機器はほとんど出てきません。唯一、主人公の娘さんが携帯電話を取り出すのみ。この携帯電話、結構大きいように見えました。
 映画を観た後、イオン隣接の百貨店 中三のカバン売場に置いてある、「ProtecA vol.01」という無料の雑誌を読みました。海外旅行の情報雑誌のようです。その14ページに、「Useful Information 1 ニューヨーカーのモバイル最新事情」という記事があります。その中の一文、「日本に比べると携帯電話が大きい。メールやインターネットを多用する人は、キーボード付きの機種を使うからだ。」
 映画の舞台はシカゴでしたが、記事はニューヨーク。アメリカ全体で、携帯電話が大きいのかなぁと思いきや、掲載されている写真は、まさしくTreo!最近Palm情報を集めていないので、真偽のほどは分かりませんが、旅行雑誌に載るようなPDA情報なら真実味がありますね。本当にニューヨークではTreoが流行っているのかも。でもって、「ヘッドセットと呼ばれる耳に掛けるタイプのイヤフォン&マイクで話している人が多い。」そうです。「大声で独り言をしゃべっているようで、少し不気味に見える」とのことですが、見慣れれば、大きい携帯電話を耳につけているよりは格好いいかも?中国でもヘッドセットを使う人が多いと聞いたことがあるので、このスタイルが世界標準になるかもしれませんね。
 日本では落ち目のPDAですが、スマートフォントして、復活なるでしょうか?

参考
エース株式会社 製作
Travel Style Magazine
ProtecA vol.01
2005年3月1日発行

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/54-574c16f3

イオン秋田ショッピングセンターについて
イオン秋田ショッピングセンターイオン秋田ショッピングセンター (いおんあきたしょっぴんぐせんたー)は、秋田新都心開発整備事業の中核商業施設として、秋田県秋田市御所野の御所野ニュータウン内にある秋田県最大規模のショッピングセンター。イオンモールが運営してい

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。