スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本荘第一病院 v.s. 由利組合総合病院

 由利本荘市で一番大きい病院が、由利組合総合病院です。
 私には、薬を飲んでいれば問題ない程度ですが、持病があって、ここでも掛かりつけの病院を探す必要がありました。が、当然ながら、当初は全く土地勘がなく、まぁ間違いは無かろうと思って、由利組合総合病院に行きました。
 しかし、この病院、待ち時間が長いです。診察に1時間、会計に1時間、合わせて最低2時間は待ちます。まぁ本を読むのに都合が良かったんですけど。また、受付から会計までの流れが、よく分かりません。いや、何回か通えば分かるんですが、逆に言うと、何回か通わないと、聞いても分からない(正確に教えてくれない)状態です。

 さらに最近、私の掛かっていた皮膚科の、土曜日の診察(再診)がなくなってしまいました(初診はあり)。仕事があるので、平日の通院は厳しいです。で、薬をもらうには内科でも大丈夫なはずなので(皮膚関連の病気は、ある程度であれば、内科でも対応してもらえます)、内科への転科(っていうのかな?)をお願いしたら、病院を変わるのと同じような手続きが必要なようで、手間も時間も掛かりそうでした。
 じゃぁ、別の病院に行こうということで、紹介状を頼んだら、1時間以上一言も無く待たされたので、紹介状を断って飛び出しました。

 次に行ったのは、本荘第一病院です。ここは、受付は1箇所ですが、診察する場所は、それぞれいくつかの科がまとまった3つのブロックに分かれていて、診察後はブロック別のカウンターで、「請求書+薬の引換券」をもらいます。会計は、1階の受付横。で、この病院、最近では珍しく、薬局が中にあります。(薬の利益が高くて、病院が不要な薬も処方することが問題となったため、医局と薬局の分離が進んでいます)会計後、この薬局で、薬をもらって終了となります。
 本荘第一病院は、診察の待ち時間は由利組合総合病院より短いのですが、薬の待ち時間は、結構長いようです。読む本が無いときなど、診察が終わったら、一度帰るなり、買い物するなりしてから戻ってくるのが良いと思います。薬局が閉まっている場合、会計で薬をもらえるそうです。

 さて、私は診察待ち時間が短いと思っていますが、皮膚科の待ち時間は以前より長くなっているようです。奈美悦子さんの皮膚病治した医師は、静養中のようで関係ないでしょうから、由利組合総合病院が土曜日の診療をやめたため、私と同様、他の患者さんも本荘第一病院に流れてきているためと思われます。
 これは、両病院間で、なにか密談があったんでしょうか?まぁ、由利組合総合病院には、他にも気に入らないことがあったし、待ち時間が短くなったので、私は良いんですけどね。なんか、もう信用できませんね、由利組合総合病院

この記事のトラックバックURL

http://shiro2.blog6.fc2.com/tb.php/71-8f5b3c85

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。