スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加湿器:CFK-VW700A

 更新をサボっていたら、最新記事に広告が入るようになってしまいました。FC2の策略に乗って、久々に更新してみます。
 少し前に加湿器を買いました。三洋電機のCFK-VW700Aです。このシリーズには、もうちょっと加湿量が小さい機種もあります。うちはいろいろあって、最大のCFK-VW700Aを選びました。
 むかーし買った加湿器は熱で水蒸気を出すもので、窓ガラスが結露しまくりでした。でも最近のは結露しないんですね。こいつは気化式というやつで、常温で水を気化するものらしいです。ので、出てくる加湿空気(というのかしら)は、やや冷たく感じます。でも普通にエアコンかヒーターか使っていれば、問題ないでしょう。
 使ってみると、当たり前ですが、肌、特に唇の乾燥が抑えられているのが実感できます。また、ウィルスを抑制するという、ウイルスウォッシャー機能も(精神的に)よい感じです。
 最初は空気清浄機能も一緒になった複合機を探したんですが、すべてを満足するものを見つけるのが大変で、まずは加湿器を買ってみました。空気清浄機は、ちょっと気長に探してみたいと考えています。

エテルノ EX-A3

 えー、更新が2ヶ月止まってました。更新頻度を上げることを目標にしていましたが、あきらめました。まぁBlogは消さずに、気が向いたときに書こうと思います。
 さて今回は、ミニコンポのVictor エテルノ EX-A3のお話。子供にCDを聞かせるために買いました。5年ほど前に買った安物のラジカセはあるんですが、最近いくつかのボタンが反応しないようになってしまいました。ボタン以外にも不調があるので、買い増しを考えたのですが、奥様がミニコンポを希望。店頭でいろいろ見たところ、デザインが気に入ったとのことで、EX-A3を買うことになりました。K2テクノロジーとかウッドコーンスピーカーとか、いろいろ特徴がありますが、判断基準はデザインのみです。私は音の違いの分からない男(結局CEの第29話を参照下さい)なので、何でも良いのです。と思ったんですが、安物のラジカセとミニコンポでは、なんか違うのは分かりますね。安くない買い物でしたが満足です。
 ただ、スピーカーの木目に黒い節がぽつっとあり、奥様が不満を漏らしていました。自然木の製品なので仕方ありませんが...ネットで安く買えたものなのですが、この木目によってB級品とされたものだから安かった、ということはないですよねぇ...

P703iμの写真

 日曜日に、花見をしてきました。満開を過ぎて、ほとんど葉桜でしたが、やはり桜は良いですね。
 さて、今回はデジカメを持っていかず、携帯電話P703iμのカメラで写真を撮ってみました。
 結果は...


うーん。
 上の写真のリンク先は、元写真になります。ファイル名は変えていますが、他はそのまま。カメラの設定は、最高のピクセル数、画質になっています。
 色がくすんだ感じになるのは仕方ないとしますが、全体に横縞模様が入っているのは何だかなぁです。カメラが悪いのか、JPEGへの圧縮能力が悪いのか分かりませんが、予想以上にいまいちな結果でした。
 IXYなどのデジカメの代わりにならないまでも、パソコンの壁紙ぐらいには使える画像が撮れないかと思っていたんですが無理ですね。携帯電話で見るか、何かのメモ代わりにしか使う気にならない結果でした。残念。

PHOTO IMAGING EXPO 2007 その2

 PHOTO IMAGING EXPO 2007(PIE)の補足だけのつもりだったんですが、ついでなので、その2にします。
 まず、追記のつもりだったのが、タムロンのレンズクリーニングコーナーについて。リンク先に書かれていますが、タムロンレンズ限定です。で、なぜ私が行ったかと言うと、AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1: 2(Model A17)を買っていたからです!もう書いた気になっていたんですが、まだでしたね。間を空けすぎて勘違いしていました。前の記事見て、タムロンのレンズ持っていないのに行こうと考えていた方、すいません。
 AF 70-300mm (A17)については、また別の機会に書きますが、取り急ぎカメラのキタムラ 成田店の店員さんに、大変お世話になったことは書いておきます。
 さて、PIEで面白かったものに、イベントセミナーゾーンのピンホールカメラ(針穴写真って書いてたかなぁ...)の展示があります。ピンホールカメラで撮った味のある写真も面白いのですが、原理の解説も面白いです。焦点距離、ピンホールの大きさはもちろん、ピンホールを開ける厚紙の厚さでも画が変わるんですねぇ。実際にいろいろとピンホールを変化させて撮った写真が並べられていて、とても分かりやすかったです。以前テレビで、一部屋丸ごとカメラ室(?)にして、壁にピンホール写真を映し出していた人が紹介されていましたが、はまると面白いんでしょうねぇ。
 他にも、このイベントセミナーゾーンには味のある展示が結構あって楽しめます。ただ、今日は比較的静かでしたが、明日からは“驚異の2足歩行恐竜ロボット”が出現して、うるさくなりそうです。会場の雰囲気が壊れなければ良いのですが...会場の担当と思われる方々がリハーサルなどしていました。頑張ってください!

PHOTO IMAGING EXPO 2007

 PHOTO IMAGING EXPO 2007(PIE)に行ってみました。諸事情で平日に行ったわけですが、(失礼ながら)あまり人がいないだろうと思っていたレベルアップセミナーは、100席程度の椅子は全て埋まり、立ち見の人も多く見られました。
 最新デジカメなどが展示される展示ゾーンも結構人がいましたが、モデルさんが登場しない場所は余裕で回ることが出来ました。でも、家族向けのイベントも開催される明日、明後日は、かなり込むでしょうねぇ。
 2,3のセミナーを聞いた後、オリンパスの木のカメラシグマのお化けレンズなどを見て、タムロンのレンズクリーニングコーナーに立ち寄ったりしました。もうちょっといろいろ見たかったんですが、子供づれだったので、適当なところで帰りとしました。
 しかし、会場内はどこもかしこも、うるさかったです。フォトコンテスト入賞作品展付近ぐらいは静かになるよう会場設計してくれても良いと思うんですけどねぇ。と、アンケートに書けばよかったと今思いました。1階望遠鏡ゾーン付近で案内しているアンケートに回答すると、ボールペンがもらえます。これから行く人、次回から静かに写真やカメラを見れる場所を作ってもらえるよう、書いてもらえませんか?

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。